100.100回記念公開収録/わらプレ もう人前が怖くない!!お笑い芸人流プレゼン術
Play episode · 15 min

100回記念公開収録

Q.岡田さんがお手伝いした番組で、どーんと伸びた番組と、そうでもなかった番組の違いって何ですか?
A.地道な告知をされているかどうかが大きな違いを生んでいます。
たとえば、名刺の裏にポッドキャストのQRコードを記載して、お会いする人に聴いてもらう。ポッドキャストのチラシを作って配布する。twitterやFacebookで配信ごとにお知らせするなど、まずは自分がポッドキャストをやっていることを周りの人に勧めてください。
何もしなければ、存在しないのと同じです。
Facebookメッセンジャーで個別に購読依頼をするのもいいですね。
また、お会いした人にその場で購読の方法をお伝えして、その場で購読してもらうのもすごくいいです。
一定以上、リスナーが増えてくれば、おすすめ番組として紹介されたり、ランキングに掲載される可能性が出てくるので、そうすれば全く知らない人にも聴いてもらえる可能性が出てきます。
ぜひ、周りの知り合いから聴いてもらうように積極的におすすめしてみてください。

 

わらプレ もう人前が怖くない!!お笑い芸人流プレゼン術

https://podcasts.apple.com/jp/podcast/id1504032711

極度のあがり症で、以前は人前恐怖症だった桑山元ですが、今では「ザ・ニュースペーパー」というコントグループで500人~1,000人を前にお笑いの舞台をやっています。
実は「ほんのちょっとしたコツ」と「マインドセット(心構え)」で、人前恐怖症は乗り越えられます。
ちょっとしたコツやメソッドを日常の話に絡めながら、お届けしている番組です。

番組説明
「昨日まで、あんなに練習してきたのに……」
大勢の前に出て、顔を上げる。みんなの視線が突き刺さる。
みんなが自分の失敗を確信しているようだ。
なかには、今か今かと失敗を心待ちにしているような表情もある。
口の中がパサパサに乾ききっている。喉が貼り付いて声が出てこない。
目の前の人に聞こえるんじゃないかと思うくらいに鼓動が大きな音を立てている。
「何かしゃべらなきゃ……」
そう思えば思うほど、喉は貼り付き、かすかな息の音が漏れるばかり。
ほんの何秒かの間のはずなのに、もう何時間も立ち尽くしている気がする。
足の震えに気づいた途端に、立っていられないほど膝がガタガタと揺れ動く。
顔が熱い。耳の先まで真っ赤になっているのが鏡を見なくてもわかる。
それでも、なんとか勇気と声を振り絞って話し出す。
もう自分でも何を言っているのか、わからない。
みんなの表情がみるみるうちに不安そうになる。その視線がさらに私を追い詰める……。
人前で話すのって、本当にハードル高いですよね。
実は僕も極度のあがり症で、以前は人前恐怖症でした。
それが今では「ザ・ニュースペーパー」というコントグループで500人~1,000人を前にお笑いの舞台をやっています。
実は「ほんのちょっとしたコツ」と「マインドセット(心構え)」で、人前恐怖症は乗り越えられます。
僕の場合、その突破口は発声でも、構成でも、立ち居振る舞いでもなく、お笑いマインドでした。
昔の自分にそれを教えてあげたいくらいです。そうすれば、もっと楽になれたのに……。
「もしかしたら、あの時の自分と同じような思いで苦しんでいる人がいるかもしれない」
もし、そんな方達に少しでも役に立てるのであれば……。
そんな思いで、ちょっとしたコツやメソッドを日常の話に絡めながら、お届け出来ればと思います。
桑山 元のブログ
https://kuwayama.biz/
メルマガ版 わらプレ
https://kuwayama.biz/mailmagazineadd/

配信者:桑山 元
カテゴリ:マーケティング

 

声でファンを作る ポッドキャスト & オンラインサロン セミナー

ブログやFacebookの更新が滞っている人でも、話をするだけで楽しみながら情報発信を継続でき、ファンが増え、ビジネスに繋がる仕組みがわかるセミナーです。
詳細はこちらのURLからチェックしてみてください♪
https://koelab.co.jp/podcast-marketing

 

【無料】Podcastオンライン講座

自分でポッドキャストを開始してみたいという方。
無料で始められるPodcastオンライン講座を開始しました!
詳細は下記のURLからチェックしてみてください♪
https://koelab.co.jp/podcast-online-2

More episodes
Search
Clear search
Close search
Google apps
Main menu