【インタビュー】ステーブルコインで、SolanaのNo.1とマルチチェーン対応を目指す(UXD Protocol 稲見建人)
Play • 44 min
○日本人起業家が作る、米ドルステーブルコイン「UXD」とは? 今回は分散型ステーブルコインプロトコル「UXD Protocol」の創業者兼CEOである稲見建人氏へ取材した。 「UXD Protocol」はソラナ(Solana)ブロックチェーン上でステーブルコイン「UXD」を開発、運用するDeFiプロトコルだ。デルタニュートラル・ポジションによって価値が100%担保されたアルゴリズム型のステーブルコインとして、今年1月にメインネットローンチしている。 なお「UXD Protocol」には、ドルにペッグされているネイティブステーブルコイン「UXD」と、UXD Protocol DAOのガバナンストークン「UXP」がある。 また昨年9月に「UXD Protocol」は、Multicoin Capital主導のシード資金調達ラウンドで、Alameda Research、Defiance Capital、CMS Holdings、Solana Foundation、Mercurial Finance、SolanaファウンダーのAnatoly Yakovenko氏、Raj Gokal氏、SaberファウンダーのDylan Macalinao氏から約3.3億円(300万ドル)を調達している。 今回はそんな稲見氏へ「デルタニュートラル」や「国内スタートアップ創業との違い」、「UXD発行までのプロセス」、「アルゴリズム型ステーブルコインへのこだわり」、「稲見氏が目指すUXD Protocol DAOの形とは」「ステーブルコインがマスアダプションするには」「ハイパーストラクチャーとは」などについて語ってもらった。
More episodes
Search
Clear search
Close search
Google apps
Main menu