風俗通いをしているカレを許す? 許さない?
Play • 13 min
今週お届けするのは、恋のソムリエ鈴木涼美が、リスナーから寄せられた恋愛に関する苦情・クレームをもとに、該当対象者の恋愛市場からの出入り禁止を勝手に審議する、というコーナー。今回はペンネーム、あおりんごさんから「彼氏とは仲良くやっているのですが、交際期間中、発覚しているだけで5、6回風俗に行っています。最近は、出会い系で遊び相手を探していることも発覚。涼美さんだったら彼氏が風俗に行くのを許しますか?」というお悩み。普遍的に女性同士で彼氏に風俗行かれるのと、浮気されるのどっちが嫌か論争が巻き起こるものだけど、風俗も浮気もしない男はこの世にいるの? そして、彼氏の風俗通いが嫌な場合、どうやって伝えればいい? 涼美さんと最善策を考えます。
石田衣良の大人の放課後ラジオ
石田衣良の大人の放課後ラジオ
KIQTAS
【オトラジ#60】長寿革命を先導する『LIFE SPAN(ライフスパン)』を語り尽くす!!
あなたもあと100年生きられる 老化は「病気」だから治せるのだ 長寿革命を先導する『ライフスパン』を語り尽くす 例のサプリをアマゾンで買ってみました 効くのかなぁ......衣良 ▶︎視聴者さまのご感想 13:19 人生相談にのってもらって心が軽くなりました。 ありがとうございます。 ▶︎視聴者さまのご相談 14:47 Q1.年を取ることや死とどう向き合えばよいでしょうか(38歳男性) ▶︎100年時代に備えるお金の話 https://youtube.com/playlist?list=PLkJtH5Y5iE439hTR9USb_mrk8IPeRIIWk ▶番組の全編視聴方法(2つあります) ①YouTubeメンバーシップでご覧いただく場合 https://www.youtube.com/channel/UCn4Pu8SUfcV3A5FrkwqyguA/join ②ニコニコ動画でご覧いただく場合 https://www.nicovideo.jp/watch/so38316415 (初めての方も気軽に楽めるよう初月無料キャンペーン継続中♪) ─── 3/17(水)20:00〜22:30 ◤『大人の放課後ラジオ』オンライン公開収録開催!◢ ⇒https://pro.form-mailer.jp/lp/cb2c5465218922 【第1部】公開収録(20:00〜21:30) ▶︎大人生相談スペシャル◀︎ 恋愛、仕事、お金、人間関係、小説、エンタメ...... どんなジャンルのご質問にも石田衣良がこたえます! 【第2部】オフレコトーク&Q&Aタイム(21:30〜22:00) (オフレコトークはアーカイブに残りません。ビデオをオフにして、チャットや音声だけで、ご質問いただくことも可能です) ※第1部・2部の時間配分は予定です。当日の進行により多少変更する可能性があります。 ─── 今回は毎回大好評の「人生相談スペシャル」!! 恋愛、仕事、お金、人間関係、小説、エンタメ...... どんなジャンルのご質問にも石田衣良がこたえます! 収録終了後は、参加のみなさまとの【完全オフレコ】トーク&Q&Aタイムももうけます! ⇒https://pro.form-mailer.jp/lp/cb2c5465218922 ─── ▶︎『大人の放課後ラジオ』マガジン版 オトラジを文字でも読みたいという声に応え 毎号書き下ろしエッセイ付きの マガジン版を創刊しました。 初号は2021年のお金のゆくえ、小説家になるには「書くこと」編、天才モーツァルトを語ると内容盛り沢山! ぜひ読んでくださいね......衣良 https://amzn.to/3qx500d ※Kindle Unlimitedは無料です! Otorazi_#060-podcast.mp3
Play
もしもし世界
もしもし世界
eri&佐久間裕美子
Episode13_ジェンダーの話/噴出する問題発言/配偶者をなんと呼ぶ?/構造に気づくのが大事etc...
常に考えていることなのであえてテーマにしてこなかったジェンダーの話。 噴出する政治家の問題発言をきっかけに議論が活性化しているけど、 どのように整理して考えて行動していくのがいいのでしょうか。 自分の中にある固定観念はどう見つめ直していけばいいのでしょうか。 ジェンダーについてあれやこれや考えます。 ・噴出する政治家の問題発言 ・「主人」という呼称。配偶者をなんと呼ぶ? ・メディアが誘導してきた女性の価値 ・恥ずかしいけど自分の過去を振り返える ・「こいつ野郎だから」は褒め言葉? ・パートナーからの様々なリクエスト ・働いているお母さんも家事をちゃんとやってほしいの矛盾 ・構造の不備に気づくのが大事 ・「性差(ジェンダー)の日本史」展の図録から学ぼう etc... ※収録は2021年2月19日に行いました。 ◉パーソナリティ eri|えり DEPT Company代表。1983年NY生まれ東京育ち。1997年『立花ハジメとLowPowers』のボーカルとしてアルバムをリリース。2002年より自身のブランド『mother』を立ち上げ東京・中目黒に旗艦店を構える。現在は古着屋『DEPT』を主軸に自社ブランドmother/TOWA CERAMICS/VTOPIAなどのデザインを手がける。2019年にオープンしたVEGANカフェ『明天好好』のディレクターも務める。 佐久間裕美子|Yumiko Sakuma 文筆家。慶應義塾大学卒業、イェール大学修士過程修了。1996年に渡米し、1998年からニューヨーク在住。出版社、通信社などを経て2003年に独立。 カルチャー、ファッション、政治、社会問題など幅広いジャンルで、インタビュー 記事、ルポ、紀行文などを執筆する。著書に「真面目にマリファナの話をしよう」(文藝春秋)、『My Little New York Times』(Numabooks)、『ピンヒールははかない』(幻冬舎)、『ヒップな生活革命』(朝日出版社)。 ※本収録は ビデオ通話にて東京のeriとNYの佐久間裕美子が対話しています。一部聞き取りづらい箇所があります。ご了承ください。
1 hr 17 min
こんにちは未来
こんにちは未来
佐久間裕美子+若林恵
第61回 原稿を書くのは大変だ!!
『Weの市民革命』、『週刊だえん問答 コロナの迷宮』をそれぞれ昨年末に上梓し、 メルマガや連載でも原稿を書き続けているゆみちゃんとわかさん。 今回は「文章を書く」という行為について、あれやこれやお話します。 ・デスクトップ画面がファイルでぐちゃぐちゃ ・何のソフトで原稿を書いてる? ・自分の「文章のくせ」にあきてくる ・文章の問題?切り口の問題? ・精神的に試される職業 ・自分の書いていることをどのくらい信じてる? ・横組みと縦組みのBPMの違い ・費用対効果の悪い作業 ・デザイナーの最後のスキルは「書く能力」 ・READMEから先に書く etc... ※本収録はビデオ会議サービス「Zoom」を使用し、NYの佐久間裕美子と東京の若林恵が対話しています。 一部聞き取りづらい箇所があります。ご了承ください(本編は2021年2月3日に収録) *番組の最後に森ビルのCMを公開しています。新虎通り沿いのカザマビル2Fにある、スポーツインターネットメディア「スポーツブル」を展開されている株式会社運動通信社の代表取締役社長の黒飛功二朗(くろとび・こうじろう)さんにインタビューを行なっています(本CMは2021年2月上旬に収録)。
1 hr 1 min
コクヨ野外学習センター
コクヨ野外学習センター
コクヨ ワークスタイル研究所+黒鳥社
「新・雑貨論」特別版・後編・みんなで制作すること、みんなで所有すること
バイヤー/キュレーターとして活躍する山田遊さんをホストに迎え、「モノ」を通して人とモノの関係性を考えなおすポッドキャスト番組「新・雑貨論」。2020年12月に山形から配信した特別版「ポストコロナ世界と雑貨のゆくえ」後編では、モノをつくること、モノを所有することのあり方を見つめなおします。 いまなお大量生産・大量消費社会は続きマスカスタマイゼーションなど新たなモノづくりも提起されるなかで、モノと人の関係を考えてきた本プログラムは、オルタナティブなつくり方や所有のあり方からべつの社会を立ち上げることへとつながっていきます。 ・山形とアフガニスタンを架橋する ・自分とモノを交差させると“タグ”が外れる ・パソコンも筆記用具のひとつ ・「暇をかける」というコラボレーション ・モノをつくると自分の居場所がわかる ・宙ぶらりんの状態でつくるという豊かさ ・モノづくりの主体はひとりじゃなくていい ・選択肢が増えても、不確実性は増えない ・楽器をみんなで所有することの意味 ・所有するのではなく、通り過ぎる ・空間に働く見えない力を理解する ・つくってみて初めてわかること etc... ◉出演 𠮷田勝信(デザイナー) 1987年、東京都新宿区生まれ。山形県を拠点にデザイン業を営む。グラフィックデザインを主な領域として、フィールドワークを取り入れた制作を行なっている。ブランディングやコンセプトメイキング、商品企画、サービス設計などに携わる。家業の染織工房では染材、繊維の採集やテキスタイルデザインを担っている。 森永泰弘(サウンドデザイナー/サウンドアーティスト) 芸術・音楽人類学的な視座から世界各地をフィールドワークし、楽器や歌の初源、儀礼や祭祀のサウンドスケープ、都市や集落の環境音をフィールドレコーディングしながら音源制作や作品を発表。サウンドデザインの気鋭として国内外から支持されている。 山田遊(バイヤー/キュレーター) 東京都出身。南青山のIDÉE SHOPのバイヤーを経て、2007年、method(メソッド)を立ち上げ、フリーランスのバイヤーとして、雑貨店を中心に、店づくりを初め、モノにまつわる様々な活動を続ける。著書に「別冊Discover Japan 暮らしの専門店(エイ出版社/2013)」、「デザインとセンスで売れるショップ成功のメソッド(誠文堂新光社/2014)」がある。 山下正太郎(コクヨ株式会社 WORKSIGHT 編集長) 戦略的ワークスタイル実現のためのコンセプトワークやチェンジマネジメントなどのコンサルティング業務に従事。手がけた複数の企業が「日経ニューオフィス賞(経済産業大臣賞、クリエイティブオフィス賞など)」を受賞。2011年にグローバルで成長する企業の働き方とオフィス環境を解いたメディア『WORKSIGHT』を創刊。同年、未来の働き方と学び方を考える研究機関「WORKSIGHT LAB.(現コクヨ ワークスタイル研究所)」を立上げ、研究的観点からもワークプレイスのあり方を模索している。 若林恵(黒鳥社 コンテンツディレクター) 1971年生まれ。ロンドン、ニューヨークで幼少期を過ごす。早稲田大学第一文学部フランス文学科卒業後、平凡社入社、『月刊太陽』編集部所属。2000年にフリー編集者として独立。以後、雑誌、書籍、展覧会の図録などの編集を多数手がける。音楽ジャーナリストとしても活動。2012年に『WIRED』日本版編集長就任、2017年退任。2018年、黒鳥社(blkswn publishers)設立。 企画・制作:コクヨ ワークスタイル研究所+黒鳥社 制作協力・録音:宮野川真(Song X Jazz) 制作補助:石神俊大(MOTE) 音楽:岡田拓郎 録音機材提供:ティアック(株)
54 min
Running Channel(ランニング チャンネル)
Running Channel(ランニング チャンネル)
Rei Ueda
#36 ウルトラマラソンについて(後編)
~#36 ShowNote(35:59)~ 【今週のリスナーさん】 「#ランニングチャンネル」のハッシュタグのついた投稿を振り返ります 5,000投稿ありがとうございます!/相次ぐウルトラマラソン大会の中止/バレンタインデー/寒さ再び/虹/プロキング/ 【Runner’s Voice :ウルトラマラソンについて(後編)】 事前にどのくらい練習すればよい?/直前の走り込みに注意/ウルトラマラソンはペース管理よりも心拍数管理を/当日の装備や食料は必ず事前にお試しを/ ドロップバッグはパンパンになるくらい色んなものを入れておく/股ズレ、靴擦れ対策/水分管理/暑さ対策/レース後の体の変化/ 【次回テーマ:オンラインマラソンについて】 オンラインマラソンの楽しみ方、おススメ大会、参加賞についてコメントを募集します Instagram(https://www.instagram.com/reiueda_/)のストーリーズに質問コーナーを開設しますので、そちらからご回答お願いいたします。 文字数制限で書ききれない部分はお手数ですが複数に分けてご記入ください。 Instagramの投稿に『#ランニングチャンネル』のハッシュタグでリスナーさん同士繋がっていきましょう♪ 次回の「今週のリスナーさん」で取り上げられるかも?!
36 min
三井ホーム presents キュレーターズ~マイスタイル・ユアスタイル~
三井ホーム presents キュレーターズ~マイスタイル・ユアスタイル~
TOKYO FM
キュレーターズ Vol.256 ~コウケンテツ(料理研究家)×くわばたりえ(お笑いコンビ クワバタオハラ)~
この番組は、ミュージシャン、デザイナー、作家、俳優、職人など、異なるフィールドを舞台に活躍する2人がランデブー。情報が溢れる現在、確かな審美眼を持つキュレーターたちが、上質な暮らしにあうアイディアをシェアしてくれます。 今日のキュレーターズは、料理研究家のコウケンテツさんと、 お笑いコンビ、クワバタオハラの くわばたりえさん。 テレビ、雑誌、講演会など多方面で活躍中のコウさんは、旬の素材を生かした簡単でへルシーなメニューで知られています。 また、ご自身の経験をもとに、親子の食育や男性の家事・育児参加、食を通してのコミュニケーションを広げる活動にも力を入れています。 一方、くわばたりえさんは、お笑い芸人として活躍しながらも、子育ての苦労や悩みなどを飾らない言葉で綴ったブログの読者も多く、ママたちから絶大な支持を集めています。 3人のお子さんがいるお二人。 お子さんが多いと物も多い! 今回は、お部屋の収納術についてお聞きします。 ナビゲーターは、田中麗奈です。
14 min
研エンの仲 - 研究者&エンジニア夫婦の理系な日常
研エンの仲 - 研究者&エンジニア夫婦の理系な日常
Ryohei & Ayaka
#34 「いい質問とは何か」について考えた
Twitterで行った投票で1位となった「いい質問とは何か?」というテーマを元に、2人の間で使われる「いい質問」の定義、身近ないい質問、公正マーク、眉毛はなぜあるのか、ティンバーゲンの4つのなぜ、科学における良い質問とエンジニアリングの現場での良い質問、などについて話しました。 * _全国飲用牛乳公正取引協議会に行ってきました。 : 愛しの牛乳パック_ - あらゆるデザインの牛乳パックをコレクションされている情熱的牛乳パック愛好家の方が、「公正」マークを認証する機関に訪れたレポート。おすすめです * _なぜ人類は「眉毛」を残したのか(石田雅彦) - Yahoo!ニュース _ * _ティンバーゲンの4つのなぜ - Wikipedia_ ----- 「研エンの仲」は研究者とエンジニアのカップルが、様々な話題について時にゆるく時に白熱した議論をするPodcastです。 公式Twitter: @KenNaka Hashtag: #研エンの仲 みなさまからの感想・質問・フィードバックがこのPodcastを続ける糧になっています。Twitterでハッシュタグ #研エンの仲 をつけて投稿していただくか、マシュマロか下記のメールアドレスまでお送りください。 マシュマロ: marshmallow-qa.com/ken_en_no_naka メールアドレス: ken.en.no.naka.podcast@gmail.com
38 min
More episodes
Search
Clear search
Close search
Google apps
Main menu