Brexit & the Premier League
Play • 29 min

With Britain leaving the European Union, there are new laws as of January 1 - and that means new regulations in this month's transfer window, which could have previously restricted the signings of Paul Pogba, Cesc Fabregas and Hector Bellerin among others.

Premier League clubs are to be limited to three U21 signings each transfer window with all foreign players subjected to a point-based threshold to be eligible to play in the UK.

Players from European Union countries will not be allowed to be signed without a work permit while foreign players under the age of 18 cannot be bought at all as part of post-Brexit regulations, meaning Premier League clubs will have to wait to secure the services of top young talent from abroad.

——

英国ではEU離脱が2020年末で移行期間が完了したため、2021年の1月1日からプレミアリーグを含めた移籍市場にも様々な影響が及ぶとされています。新たに採用される基準になると、これまでプレミアに移籍してきた、ポグバ、ファブレガス、ベジェリンなどの移籍は認められていなかった可能性が高いと指摘されています。

これまでプレミアリーグでは外国籍選手を獲得するためには、外国人労働許可証が必要となり、直近2年間の代表歴などが求められてきました。対してEU圏内の国籍を持つ選手には、代表歴などにかかわらず自由に契約することが可能でしたが、イギリスがEUを脱退するためにこの規則が変更されます。

1月の移籍市場で獲得できる21歳以下の海外選手の数は3人までに制限され、シーズンごとでは最大6人までにとなります。また、FIFAのルールのもとEU離脱によって、クラブが18歳以下の海外選手を獲得することができないことにもなります。

More episodes
Search
Clear search
Close search
Google apps
Main menu