Language of Football
Play • 32 min

Football is a universal language. Or is it? There is undoubtedly a common understanding between players as soon as they cross the white line onto the pitch; often you don’t need words to be able to play well as a team.

But it does help. With the professional game never more eclectic than it is now, where, for example, over 60% of players playing in the Premier League are foreign, having players who share a language can be crucial for team morale, tactics, coach instructions, and dealing with the media.

But the language of football has evolved to be so much more than just that of the words used on the pitch. Where every moment is broadcast and analysed all over the world, journalists battle with overused cliches, finding new ways to describe the same thing and word counts.

So what is the language of football?

サッカーはよく世界共通語と言われますが、 それはピッチに足を踏み入れた瞬間、選手間にはサッカープレーをするという大枠の共通理解があるからかもしれません。例えば、プレミアリーグでプレーしている選手の60%以上は外国人籍であり、様々なバックグランドをもった選手たちが共にチームとしてプレーをしています。

ただ、サッカーにおける言語はピッチ上で使用されている言葉だけではなく、時を重ねると共にピッチ外でも進化を続けています。

試合中継は世界中で実況と解説の方々の言葉で放送され、試合後にはジャーナリストたちが試合を分析するなかで、新たな解釈をしめすため、新しい言葉を見つけようとしています。それは、何度もに使用されてきたたフットボールクリシェ、「サッカーの決まり文句」との戦いなのかもしれません。

More episodes
Search
Clear search
Close search
Google apps
Main menu