Big Wins
Play • 33 min

Nine different players got on the scoresheet as Japan thrashed Mongolia 14-0 in a World Cup 2022 qualifier. Mongolia, who are ranked No. 190 in the world, registered just two shots compared to Japan's 34.

It is Japan's second-biggest win, only behind a 15-0 win over the Philippines in 1967.

Having gone into the halftime break five goals to the good, the second period saw a further nine goals for the Samurai Blue -- including four inside just 11 minutes.

---

2022年 ワールドカップアジア二次予選で、日本代表は9人の選手が得点するなど、モンゴル代表を14-0で圧倒しました。現在、FIFAランキング190位のモンゴルは、日本の34本のシュートに対し、わずか2本のシュートしか放つことができませんでした。

日本代表にとっては、1967年のフィリピン戦(15-0)に次ぐ、2番目の大差での勝利でした。試合は5点差でハーフタイムを迎え、サムライブルーは後半のわずか11分で4点を含む、9点を奪いました。

More episodes
Search
Clear search
Close search
Google apps
Main menu