Inside the Dressing Room
Play • 34 min

The dressing room is football's inner sanctum, a place which can be defined by great togetherness or deep division, where games can be won or lost before a ball is even kicked.

What goes on between players and managers behind closed doors is often speculated on. There are endless rumours of fights, arguments and practical jokes, but the reality is rarely discussed.

Matt Jarvis, previously of Wolverhampton Wanderers and West Ham United, missed the camaraderie during his recent spell without a club. "I don't think there's anything like it in any other industry," he says.

"It's so unique. You've got so much going on. You've got so many different characters. Different nationalities. Different hobbies. You've got different ages. You can have people as young as 17, 18, who are just coming into the first team. You've got 35-year-olds at the end of their careers. It's just such a mishmash of everything."

ロッカールーム、もしくは英語でドレッシングルームは、サッカーの世界の司令部であり、そこではチームの一体感が生まれたり、ぎくしゃくした溝が生まれたりとしています。ドレッシングルームでのチームの作り方によって、勝敗が左右されることもあるでしょう。

選手と監督のコミュニケーションは、閉ざされた部屋の中で行われ、様々な出来事が起きています。喧嘩や口論、悪ふざけなどの噂は尽きませんが、、それらの情報が表に語られることは滅多にありません。

ウォルバーハンプトンなどに所属していたマット・ジャービスは、サッカー界からクラブを離れてみると、サッカー仲間を失ったと語っており、このような現は"他の業界にはないかもしれないと指摘しています。

キャラクター、国籍、趣味、年齢も様々で、いろいろな出来事が起きています。ドレッシングルームには17歳でトップチームに入ってきたばかりの人もいれば、35歳でキャリアの終わりを迎える選手もいます。すべてが混ざり合っている場所、ドレッシングルームです。

-----

Lee Bowyer vs Keiron Dyer fight

More episodes
Search
Clear search
Close search
Google apps
Main menu