邪馬台国はどこにあった?なぜ九州・畿内説に分かれるのか?
Play • 17 min

弥生時代の3世紀の日本で、女王・卑弥呼が治めたとされる邪馬台国(やまたいこく)。邪馬台国はどこにあったのでしょうか? 有力なのは北九州にあった説と、畿内(大和)説。なぜ議論が分かれるのか。『魏志』倭人伝や本居宣長、新井白石、榎一雄などの学説や最近の論について紹介します。

Search
Clear search
Close search
Google apps
Main menu