Neverendingschool
Neverendingschool
Aug 30, 2020
夏目漱石『坊っちゃん』のあらすじ・内容・人物・テーマ
Play • 10 min

テキスト版:https://neverending.school/posts/natsume-souseki-bottyan/

『坊っちゃん』は明治時代を代表する作家・夏目漱石による小説。明治39年(1906)4月、雑誌『ホトトギス』に発表されました。漱石が旧制松山中学校(現:愛媛県立松山東高等学校)に教師として赴任した経験が『坊っちゃん』の基となっています。「親譲りの無鉄砲で子供の時から損ばかりしている」という書き出しが有名なこの小説。『坊っちゃん』には主人公の青年教師が四国の中学校で先生・生徒相手に葛藤する姿が、江戸っ子の口調でユーモラスに描かれています。

Search
Clear search
Close search
Google apps
Main menu