三島由紀夫『金閣寺』のあらすじ・テーマ。理想(美)に現実(肉体)が遅れるコンプレックス
Play • 16 min

『金閣寺(きんかくじ)』は作家・三島由紀夫による小説。昭和31年(1956)に雑誌『新潮』で連載され単行本にまとめられました。京都・鹿苑寺(ろくおんじ)の舎利殿「金閣」を学僧が葛藤の末に放火するストーリーです。昭和25年(1950)7月2日、実際に起きた事件が題材になっています。三島由紀夫の代表作とも呼ばれる『金閣寺』のあらすじ・登場人物・テーマと、作者の三島由紀夫について解説します。


Search
Clear search
Close search
Google apps
Main menu