#147 経済力のクラッスス!軍事力のポンペイウス!カエサルの前にそびえ立つライバル達【COTEN RADIO】
Play • 21 min

【今回の内容】ライバル!クラッススとポンペイウス/スパルタクスの乱/資産家クラッスス/活躍するポンペイウス/商売の天才×軍事の天才×謎の男カエサル/共和制がなぜ帝政に?/歴史は食い物がキーワード/元老院の決断/権力を手にしたポンペイウス/変えられるかどうかは外部リソースを活かせるかどうか/コテンは中国から輸入したソース/実態は手を下さずとも変わる/人は自分のみたい現実しか見ない

【出演&Twitter】株式会社COTEN 深井龍之介 @CotenFukai /株式会社COTEN 楊睿之 @AcYang5 /株式会社BOOK 樋口聖典 @HiguchiKi /【特典つきサポートプラン】https://cotenradio.fm/support /【公式Twitterアカウント】@CotenRadio/【公式LINEスタンプ】https://bit.ly/2yzcJoV /【参考文献(随時更新)】https://bit.ly/2SRz1ZH /【収録】いいかねPalette http://palette.jp.net /【YouTubeでも配信中】http://urx2.nu/Y1U2 /ラジオのご感想、トークテーマのご提案はこちらまで radio@coten.co.jp

未来授業
未来授業
TOKYO FM
伊藤亜紗さん 第1回未来授業 Vol.1981
あなたは、自分の体のことを、どのくらい知っていますか? 誰もが持っている、自分の体との付き合い方は、やがて“その人らしさ”になっていきます。 今週の講師、伊藤亜紗さんは、視覚や麻痺、四肢切断など、さまざま障害とともに生きる人々のエピソードをもとに、体を通じた経験や知恵を考察、そこで得たものを『記憶する体』という1冊にまとめました。 この本は昨年、サントリー学芸賞を受賞しています。 そんな伊藤さんの専門は、美学。 そもそも美学とは、どんな学問なのか? なぜ“体”が、そこに関係してくるのでしょうか? 未来授業1時間目、テーマは「機能を失っても、体は覚えている」 ◆伊藤亜紗(いとう あさ)東京工業大学リベラルアーツ研究教育院准教授。マサチューセッツ工科大学(MIT)客員研究員。専門は美学、現代アート。もともと生物学者を目指していたが、大学3年次より文転。東京大学大学院人文社会系研究科美学芸術学専門分野博士課程修了(文学博士)。主な著作に『ヴァレリーの芸術哲学、あるいは身体の解剖』(水声社)、『目の見えない人は世界をどう見ているのか』(光文社)、『目の見えないアスリートの身体論』(潮出版社)、『どもる体』(医学書院)、『情報環世界』(共著、NTT出版)著書「記憶する体」(春秋社)を中心とした業績で第42回サントリー学芸賞(社会・風俗部門)を受賞
Play
More episodes
Search
Clear search
Close search
Google apps
Main menu