#18(s3-6) 大政奉還に乱れる日本。その日本を勃興させるべく生涯をかけた偉人たちが目をつけたのがお茶だった
Play • 28 min

日米修好通商条約(不平等条約)によって不利になった日本の貿易。

日本は大政奉還により混乱期のなか貿易摩擦が加熱し、なんとかしないと!と立ち上がった人々がいた。


その人々が目をつけたのがお茶産業を作ることであった。


広大な不毛の土地と言われる牧之原台地を開墾。


中條景明、山岡鉄舟という剣の達人が剣を捨て、なんと生涯を掛けて茶畑の開墾に乗り出した。



その背景には徳川家、勝海舟、そして渋沢栄一がいた。



今回も最後までお楽しみください。


Search
Clear search
Close search
Google apps
Main menu