未来授業
未来授業
May 4, 2021
【福祉領域を拡張する】 :ヘラルボニー代表 松田崇弥 第2回未来授業 Vol.2041
Play
今週の講師は、株式会社ヘラルボニーの代表取締役、松田崇弥(たかや)さんです。

崇弥さんは双子の兄・文登(ふみと)さんと、4歳年上の自閉症の兄の、三人兄弟。
知的障害のあるアーティストの作品を世に送り出そうと兄弟でタッグを組んで、「ヘラルボニー」を立ち上げました。

アーティストを発掘して、原画や複製画を販売。
また、アートデータをバッグやネクタイにして販売しています。
さらに、建設現場の仮囲いをアート空間に変身させる事業も手掛けています。

売上はもちろん、知的障害のあるアーティストに還元されます。
アーティストに相応の対価が支払われることは、金額以上に大きな意味があると、崇弥さんは言います。

未来授業2時間目、テーマは『知的障害×アート×ビジネス』


◆松田崇弥
ヘラルボニー代表取締役社長。チーフ・エグゼクティブ・オフィサー。小山薫堂率いる企画会社オレンジ・アンド・パートナーズ、プランナーを経て独立。異彩を、放て。をミッションに掲げる福祉実験ユニットを通じて、福祉領域のアップデートに挑む。ヘラルボニーのクリエイティブを統括。東京都在住。双子の弟。誕生したばかりの娘を溺愛する日々。日本を変える30歳未満の30人「Forbes 30 UNDER 30 JAPAN」受賞。
More episodes
Search
Clear search
Close search
Google apps
Main menu