未来授業
未来授業
Jun 9, 2020
コロナ禍で生まれた「最悪な春」。第2回 未来授業 Vol. 1855
Play
今週の講師は、シンガーソングライターの森山直太朗さん。
そして、森山直太朗さんの共作者でもある、詩人・御徒町凧さん。

新型コロナウイルス感染症により、当たり前だったはずの日常が突如奪われた2020年、春・・・
二人は、自粛生活の中で、ある曲を作り上げました。

未来授業2時間目、テーマは・・・、
「最悪な、春」


●森山直太朗(もりやまなおたろう)
シンガーソングライター。
大学時代より本格的にギターを持ち、楽曲作りを開始。
その後、ストリート・パフォーマンス及びライブ・ハウスでのライブ活動を展開。
2001年3月インディーズ・レーベルより“直太朗”名義で、アルバム『直太朗』を発表。
2002年10月ミニ・アルバム『乾いた唄は魚の餌にちょうどいい』でメジャーデビューを果たし、翌2003年『さくら(独唱)』が大ヒットに。
その後もコンスタントにリリースとライブ活動を展開。
独自の世界観を持つ楽曲と、唯一無二の歌声が幅広い世代から支持されている。
2020年5月29日 新曲「最悪な春」を配信リリース。

●御徒町凧(おかちまちかいと)
1977年東京生まれ 詩人。
More episodes
Search
Clear search
Close search
Google apps
Main menu