#403 趣味がブーメラン多様性編
Play • 51 min
色々な趣味があるよね。 中年になると趣味によって人生が変わるんじゃないかな。 サーフィンとかスノボーとかなんだっけあのさサッカーより少し少ない人数でサッカーみたいなのをやるやつとかあるじゃん。ああいうのやってると多分モテるんじゃないかなって。 でもさオセロだとか卓球とか剣玉とかっていう趣味のほうが格好良いんじゃないかなとか思うんだよね。本当に好きだったり異性とか意識しないで趣味としてやってるおっさんってやっぱ格好良いよな。 ブーメラン。 超大穴だよねブーメラン。 絶対に格好良いし楽しいし健康にいいし正直悪い部分が無いスポーツなんだよね。 だったらさあやろうよブーメラン。 エランさんからのおたより ガス抜けメンバー、本当にありがとうございます! 僕はアメリカのマイアミに住んでいる27歳の男です(精神年齢は中年だけど笑)先に言うけど、日本語があまり上手ではないから、読みにくいかもしれないので、ごめんなさい :) 僕は、ずっと前からメールを送ろうと思ったのに何となく今までサイレントリスナーしていました。日本語を勉強する為に日本語のポッドキャストを聴こうとすると、3年間前にガス抜けを発見。最初は全く何も聞き取れなかったけど、ガス抜けメンバーのノリだけで面白かった。その時から毎回車で聞いてます!だんだん聞き取れるようになったら、更に面白くなりました。今は、ガス抜けメンバーのおかげで99%くらい聞き取れます。本当に嬉しいです。 ガス抜けは、俺の人生の中でプラスになってます。ガス抜けを聴くと、中年になるのが楽しいと感じる。もしこのポッドキャストがなくなったら僕は非常に困りますので、これからもよろしくお願いします! エランより P.S. 結構前の話だけど、隊長さんが外人と結婚について よければ、マイアミの金髪美人と紹介しようかじゃ!笑 Personality 超S格好つけ撲滅団ZACK 哀愁迷走スナッカー隊長
狭くて浅いやつら - 漫画・ゲーム・映画・アニメの感想ポッドキャスト
狭くて浅いやつら - 漫画・ゲーム・映画・アニメの感想ポッドキャスト
サワダシンヤ
#407 「ブライトバーン 恐怖の拡散者」
子育ての何を間違ったのか、そもそも仕方が無かったことなのか。 手に負えなさ過ぎな子どもを持つ親の恐怖「ブライトバーン 恐怖の拡散者」 映画が公開された当時は「スーパーマンが悪の道に進んでいたら」というような触れ込みをよく見ました。 スーパーマンは地球外から落ちてきた赤ちゃんを、善良な地球人の夫婦が育てた結果ですが、この映画は「善良な家庭に育てられなかったバージョン」かなと思って観てみると、想像とは違ってました。 一応、この作品の主人公の育ての親も、一般的な善良な夫婦ではあります。 ただ残念なことに、主人公の人格形成のデリケートな時期に、思春期特有の問題とスーパーパワーの問題が重なってしまった結果、人格や性格が捻れてしまいます。 しかし、それ以前の問題として、主人公の少年は、遺伝子レベルで地球を滅ぼすように最初からプログラミングされているような描写が見られます。 なので、結果としてはどうしようもなかったんじゃないのかな〜と…。 「悪の道に進んだ」というか、そもそも「悪の道に進むことは決まっていた」みたいな。 不幸な出来事が起こってしまったけど、誰のせいでもないよな…というような感想を持ちました。 まあ、スーパーパワーを悪事に使われると、ただの人間にはどうしようもない、という絶望は味わえる映画です。 親の愛があれば…とかそういう問題じゃねえ〜! バッドエンドが確定している映画ならではの楽しみ方しかないんですが、「どうしておけばよかったのだ…」という想像をするのは楽しいかもしれません。 ★現在、2021年2月23(火・祝)まで、Amazonプライムビデオでレンタル100円セールとのことなので、ぜひどうぞ! 【サワダシンヤ × ペガ】 関連リンク ■ ブライトバーン 恐怖の拡散者 公式サイト https://youtu.be/5Flj6uVPozg Amazonリンク ブライトバーン/恐怖の拡散者 (吹替版) Amazonの商品レビュー・口コミを見るAmazon楽天
32 min
More episodes
Search
Clear search
Close search
Google apps
Main menu